menu

作文授業マニュアル ステップ3ー1,発達障害や知的障害の不安をお持ちの方も。新宿四谷にある個別指導塾「よむかくはじく」

個別指導塾「よむかくはじく」は竹下外山家庭教師事務所によって運営されています.

  • HOME
  • >
  • BLOG
  • >
  • 作文授業マニュアル ステップ3ー1

作文授業マニュアル ステップ3ー1

教師は生徒の話を集中して聞く.
そしてそのそぶりを見せる.例えば..

・笑顔で聞く
・生徒の目を見る or 耳を近づける
・話してもらっている物をよく見る
・生徒の許可をもらって触ってみる
・場合によっては臭いをかいでみる
・折に触れて相づちをうつ
・時折生徒への質問を混ぜる.
・生徒の話が要領を得ず,イライラしても決してそのそぶりを見せない.
・話を聞いていて,本当に興味深いと思ったとき,面白かったとき,驚いた時は素直にそれを表す.

しゃべる速度がゆっくりであっても,なかなか言葉が出てこないようでも,
できるだけ口を挟まない.指示を与えない.
何か質問されたら答えるようにする.

本当に集中して話を聞くこと.
そぶりだけを見せても生徒は気づいてしまう.
生徒は意外と勘がいいものである.
教師に聞く気がないとわかる生徒のモチベーションは一気に下がる. (大人だってそうだ)
その作文指導は必ず失敗するだろう.