menu

作文授業マニュアル ステップ3ー3,発達障害や知的障害の不安をお持ちの方も。新宿四谷にある個別指導塾「よむかくはじく」

個別指導塾「よむかくはじく」は竹下外山家庭教師事務所によって運営されています.

  • HOME
  • >
  • BLOG
  • >
  • 作文授業マニュアル ステップ3ー3

作文授業マニュアル ステップ3ー3

なかなか話が続かない,広がっていかない場合は教師が助け舟を出すのもよい.
あるいは「話題を広げる言葉」が書かれたカードを生徒と教師の前に広げて生徒の助けにする.

・いつ when
・どこで where
・誰が who
・誰と
・何を what
・なんで why
・どのように how
・どんな味,におい,感触
・どんな音,色

五感のなかでは味覚,嗅覚,触覚が視覚,聴覚よりインパクトがある.
だから,何かの思い出のなかでもそれらは特によく覚えている可能性があるし,
それを話すと意外性が出て俄然面白いものになる.
とくに匂いについて作文を書けるととても面白い物になるだろう.