menu

作文授業マニュアル ステップ5〜6,発達障害や知的障害の不安をお持ちの方も。新宿四谷にある個別指導塾「よむかくはじく」

個別指導塾「よむかくはじく」は竹下外山家庭教師事務所によって運営されています.

  • HOME
  • >
  • BLOG
  • >
  • 作文授業マニュアル ステップ5〜6

作文授業マニュアル ステップ5〜6

書けたらほめる.そして音読をしてもらう.

この段階では誤字脱字,文法の誤りなど間違いは一切指摘しない.
生徒が間違いに気づいたら,生徒はもちろん自然に訂正しようとするので,そうするに任せる.

もしかしたらさっきの口頭での内容になかった,新しい内容が書かれているかもしれない.
そうしたら素直に驚く.
「そうなんだ〜」

そして続きを書いてもらう.
教師は続きを知りたがっていることを表明する.

字数は最初に書いてもらった分よりちょっと多い程度.
最初が100 字だったら200字くらいがベストか?

この間も,できれば生徒が紹介してくれたものを注意深く見るなど,
生徒の話への興味をアピールするとよい.
しかし,今回は少々長い時聞がかかるであろうので,
生徒が作文に集中しているようであれば他の作業を生徒の横でするのも良かろう.