menu

WISC-Ⅳがはかるもの PRI知覚推理,発達障害や知的障害の不安をお持ちの方も。新宿四谷にある個別指導塾「よむかくはじく」

個別指導塾「よむかくはじく」は竹下外山家庭教師事務所によって運営されています.

  • HOME
  • >
  • BLOG
  • >
  • WISC-Ⅳがはかるもの PRI知覚推理

WISC-Ⅳがはかるもの PRI知覚推理

WISC-Ⅳの各下位検査の結果は、次の4種のグループに分けられており、

「VCI言語理解」、「PRI知覚推理」、「WMIワーキングメモリー」、「PSI処理速度」

 今回は、「PRI知覚推理」についてです。

「PRI知覚推理」は次の下位検査に基づいています。

・「積み木模様」
・「絵の概念」
・「行列推理」
・(「絵の完成」)
( )内の検査は補助検査です。

このブログで、WISC-Ⅳの下位検査についてより細かいレベルでみていきますが、この「PRI知覚推理」グループに含まれる「積み木模様」という下位検査があります。ある模様と同じ模様をいくつかのピースを組み合わせてつくる、というものです。

ゴールは示されています。そのゴールへ、できるだけあれこれ試行錯誤しないで「こうすればあれと同じ模様になる」という推測をたててのぞめるか。こうした、当てずっぽうや、説明できないカンによるのではなく、一見複雑にみえるものから何か「つながり」「関係性」をつかみとれるか。

この「PRI知覚推理」グループには、そうした論理的な思考力、分析力が関わっているとおもわれます。

ちょっと暗記型の勉強では習得しづらい力になりますね。教科学習では数学が近いかも…?どうでしょうか。これもまた、子どもの学習活動を構成している大事な要素の一つです