menu

WISC-Ⅳの下位検査 〜記号探し〜,発達障害や知的障害の不安をお持ちの方も。新宿四谷にある個別指導塾「よむかくはじく」

個別指導塾「よむかくはじく」は竹下外山家庭教師事務所によって運営されています.

  • HOME
  • >
  • BLOG
  • >
  • WISC-Ⅳの下位検査 〜記号探し〜

WISC-Ⅳの下位検査 〜記号探し〜

「記号探し」はPSI(処理速度)の下位検査です。

処理速度とは、

  • 「視覚的な情報を事務的に、数多く、正確に処理していく能力」

「記号探し」は、

  • 「できるだけ速く見本と同じ記号の有無を判断して、「ある」か「ない」に○をつける課題」

「符号」と同じく、目ですばやく正確に情報をとらえるというもの。

「記号探し」に関係があるスキルをあげてみます。

・視覚的な情報をすばやくとらえられる
・いくつかのそれぞれ異なる記号を識別できる
・注意をコントロールし、持続させることができる

となります。

文字(アルファベット、漢字など)の形状をとらえて覚えるのが苦手、又は、活字がびっしりの本を読むことが苦手…という人にとって「記号探し」はちょっとつらいかもしれません。目(視覚)で「前ー後、左ー右」という空間における位置関係をとらえるスキルにカギがありそうですね。

また、同じ内容をある程度くり返し練習する。これも、文字の読み書きの基本の学習方法かと思います。ただただくり返し書いて練習するというのは、OKな方もいれば非常に苦手としている方もいます。

空(くう)に指で筆順を書いて漢字を習ったり、英単語のスペルを覚えたりした経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。動作、筋肉の動きで覚えているわけですね。

文字の読み書きへのアプローチ法として、視覚、聴覚、触覚といった多様な感覚を使えば効果的に言葉を習得できるのだとする、英語指導の理論もあるのです。こちらの本が詳しいです。

「LD児の英語指導−ヒッキーの多感覚学習法」
(原題 The Hickey Multisensory LanguageCourse)

そして、より基本的なスキルとしては、空間的な位置関係を理解したり、図形を分析的にとらえるスキルを伸ばすとよいでしょう。こうしたニーズに対して、次の教材がマッチします。

フォイヤーシュタインのFIEプログラム→ 「点群の組織化」 「空間定位」  「分析的知覚」

IEの点群、空間定位にはそれぞれやさしいレベルの教材もございます。就学前のお子さん、発達面で全般に遅れが見られる方に対応できます。

ブレインジム→ 「PACE」 「レイジー・エイト」 「ダブル・ドゥードゥル」

ブレインジムでは、実際に筆記具をちょうど良い力で使えるか、対称なラインを描けるか、正中線を越える動きに苦労していないか?といった、学校ではあえて教わる機会があまりないスキルをチェックします。

意外にも、不器用さや無頓着さがご本人の学習活動や学校での集団行動の妨げになっている事があるかと思います。私自身、学校生活で集団のスピードよりも若干いつもおくれていたなあ…という記憶していますので、凹んでいる部分はこのあたり?かもしれません。

引き続き、WISC-Ⅳの各下位検査と、それら具体的なスキルを向上させる手立てをさぐって行きたいと思います。